読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『スマホうつ』の考察~IT猫背・スマホ依存症・スマホ症候群・スマホうつ~

書籍『スマホうつ』から~IT猫背の悪影響、スマホ依存症からスマホ症候群、そして『スマホうつ』への過程を解説します!

危険!知らずに陥る『スマホうつ』の落とし穴

書籍スマホうつ』より

『IT猫背』の悪影響、『スマホ依存症』から『スマホ症候群』、

そしてスマホうつ』への過程を解説します!

 

危険!知らずに陥るスマホうつ』の落とし穴

 

突然ですが、ここで質問です。

 

あなたは最近、こんなことを感じていませんか? 

□ 理由もなく落ち込むことがある。

□ なんだかイライラすることが多い

□ なかなか集中できない

□ 頭がボーっとすることが多い

□ 何に対してもやる気がでない

□ いつも眠くて体がダルい 

f:id:kawaikinkeitai:20170413142300j:plain 

 

もしかしたら、それはスマホうつかもしれません。

 

 と、ここでいきなりスマホうつ』と言われても

ピンとこない人もいるでしょう。

 

ここ数年のスマートフォン(以下、スマホ)の普及により、

通勤電車の中でスマホを操作している人が急激に増えました。

電車だけでなく、食事をしながら、歩きながら。。。。と、

ああゆるシーンでスマホを操作しながら行動する人を

多く見かけるようになりました。

 

f:id:kawaikinkeitai:20170413190516j:plain

 

大げさなようですが、

今や現代人は「スマホに支配されている!」

といっても過言でない状況に陥っています。

まさにスマホ依存症』と言っていいほどです。

その中で発生してきているのが、スマホうつ』です。

 

スマホ依存症』⇒『スマホうつ』となると、

すぐに「SNS依存症中毒」を思い浮かべるかもしれません。

 

確かに、SNSによる影響も大きな要因にはなっています。

ですが、SNSだけなら、

それは従来からあるガラパゴス携帯でも、パソコンでも

同じことがいえるでしょう。

 

スマホうつ』には、スマホだからこそ、

起きてしまうその他の原因があります。

しかも、実はすでにその症状に陥っているにかかわらず、

自分では気づきにくい、という厄介な一面を抱えています。。。。

 

もし、あなたがスマホ所有者なら、「自分は大丈夫」ではなく、

「もしかしたら」気持ちで読んでください。

 

書籍スマホうつ』より

『IT猫背』の悪影響、『スマホ依存症』から『スマホ症候群』、

そしてスマホうつ』への過程を解説します!

 

f:id:kawaikinkeitai:20170413142521j:plain 

 

川井筋系帯療法治療センター

院長 川井太郎 著

profile.ne.jp